汚部屋住まいの汚女脱却記

1人と相棒1〇で生活中。汚部屋&汚女&どん底な人生から這い上がることを目標に。

【節約】

【節約】ヨーグルト作り

こんばんは。

今回は節約について。
前回の節約カテゴリでアイスの食べ納めを書き、買ってあったアイスは随分前に食べ終わってしまったのですが、
デザートが何もないのも気持ちが下がってくるのでアイスに代わる低料金で済むものを作ることにしました。

ヨーグルトです。

実家時代からヨーグルトを良く食べていたのですが、東日本大震災の時にスーパーからヨーグルトが消え、
何とか食べられないかと始めたのがきっかけです。
当時は、実家の使っていなかった〇〇年前のヨーグルトメーカーを引っ張り出してきて
作っていました。
その後、ヨーグルトメーカーの調子が悪くなり代替わりをしたので、現在ので2代目になります。

使うのはこちら、タニカのヨーグルティアです。
20181125_1

手順は結構簡単(面倒がりな私が出来る位です・・・)で一部自分流ですが、
ヨーグルティアの付属の専用容器とスプーンをヤカンの熱湯をかけて消毒
   ↓
初回のみ市販のヨーグルトを種として消毒済みスプーンで容器に入れる
20181125_2
   ↓
消毒済みマグカップに成分無調整牛乳を入れて温め、ヨーグルティア容器に入れて種と混ぜる
20181125_3
   ↓
容器付属の蓋を閉めて、ヨーグルティアへセット。
温度と時間の設定をしてスタート。
 ※温度を一定時間タイマーで保つ構造のため、場所は季節により値は調整。
私は、44度9時間で設定しています。
20181125_5
   ↓
設定時間が経過すると自動的に電源が切れるので、容器を取り出して冷蔵庫へ。
20181125_6

容器は2つ付属しているので、次に作る時は1回目に作ったヨーグルトの中心部分を種として
分けて作ります。

作り方が単純なので、私は平日仕事のある日でも時間を逆算して 22時にセットして7時以降出勤前に
冷蔵庫へ入れて出掛ける様にして作っていました。
中断したのは、帰宅時間が遅くなりタイマー時間を考慮したスタートが出来なくなったからでした。

市販のヨーグルトも美味しいのですが、自分で作ると、まず牛乳の味がよく出ている事に当初は驚きました。
これで、1Lの牛乳190円で2回分作るとしても、 一回の作成材料費は 95円。
種分(大きいスプーン2さじ分程度)を次回にまわすとしても、市販の 400ml 1パック に比べると
大容量、お得に作る事が出来るのです。
種は私の実績では最長1年以上、前回分を繋いでいたので買う事も無く、
私は1回作ると、3回に分けて食べるので、更にヨーグルト費用を抑える事が出来ます。
バナナやジャムをトッピングしてもお値段抑えられるので、節約しながらデザートを
食べるのにちょうどよいです。

暫くは時間もあるので、ヨーグルト作りを続けてみようと思います。


【節約】アイスを暫く食べ納め

こんばんは。

仕事している時は これ頑張った、あれ頑張った と何かにつけて理由を付けては
帰り道にデザートを買ったりしていたのですが、今は失業中でそうもいかず・・・
今更ながら節約に付いても意識し始めようと思いました。

手始めに単純ですが アイスを暫く食べ納めする です。

カップアイスを1つ買うと 100円、毎日買うと 3000円 食費を圧迫するのですよね。
仕事をしている時の様に通勤も、人と会ってエネルギーを使う事も無いので、
どちらかというとアイス分のエネルギーは過剰摂取にもなるし、暫く自宅で食べるアイスは
買わない事にしようと考えました。
外で友人と会ったとき等に迄我慢するのは食事の時間を楽しむ為にも我慢無し、家では控える です。

で、暫くの間食べないので、折角なので美味しいのを買ってきました。
20181110_1

ハーゲンダッツのラムレーズン味、しかも大きいサイズのを・・・
(丁度3割引きだったので、普段の割引時よりも更にお得に買えました)

もちろん1回で食べる訳ではないので、これを食べ終わったらもう暫く、
少なくとも特別な理由付けが出来る 何か が無い限りは家用のアイスは買わない事にします。

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

自己紹介
OheyaOtomeと申します。

汚部屋の中で汚女(オトメ)とし
て生活すること〇年、人生
までもどん底に陥ってしまい
ました。ずっしりと重たい
自分自身を引っ張り上げる為に、
ブログを書きながら行動してみます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村

メッセージ

名前
メール
本文