汚部屋住まいの汚女脱却記

1人と相棒1〇で生活中。汚部屋&汚女&どん底な人生から這い上がることを目標に。

 ┣ 浴室

【脱汚部屋Part1】浴室_3

こんにちは。

今回から順に成果を載せていきたいと思います。
GW中に少しずつ進めたのですが、一度に書ききれない為、
以前と同じ様に場所毎にアップしていきます。
脱汚部屋のPart1を未だ終えられない為、カテゴリはそのまま使っていきます。

ブログ再開してからまず浴室の掃除に着手しました。

浴室は写真を撮っていないのですが、
・天井の換気扇フィルタ
・湯船と風呂蓋
・鏡
・カウンターと蛇口
・床
を順に洗っていきました。

シャワー派なので、上がる時に周りをシャワーで流してから出ていて、
排水溝のゴミは週次で取っていたのですが、掃除は結構サボっていました。
所々カビが出てきていたのと、汚れが蓄積されていて、キレイにしきる事は
出来ませんでしたが、一旦は湯船にもお湯をはれる状態にはなりました。

今後は出来れば週次の掃除に組み込んで、汚くなり過ぎない状況にできればと思いました。

今回はここまでです。

【脱 汚部屋Part1】浴室_2

こんばんは。

今回は浴室の2回目です。

浴室自体、見た目上そこまで汚れていないと自分では思っていますので、
掃除は優先順位を下げて取り組む予定でいます。

成果としては少ないのですが、リビングの山の中から購入したままになっていたものを
出してきて、新旧交代させました。

シャワーブラシです。
20190810_1
上が旧、下が新になります。

両方とも無印良品の物なのですが、物持ちが良いため、旧は既に10年以上使っていました。
未だ未だ使えはするのですが、旧の柄の長さが短めのため少し使いづらいと感じていたこともあり、
柄が長くなった新を購入していて、買って満足してリビングの山に放置していました。

新を浴室に置き、旧は不燃ごみ用の袋に入れました。

今回の成果はここ迄です。

(追記)
上記書き終わってから実際に新を使用してみたのですが、私には合わなかった様で・・・
柄にカーブが無い為、背中にうまく当てられず、毛の長さも旧より短く感じてしまいました。
柄の長さが短い事に不満はあったのですが、旧を復活させて新は実家で使うか聞いてみようと
思います。
なかなか、使ってみないとわからないものですね。

【脱 汚部屋Part1】浴室_1

こんばんは。

続けて投稿してきました リビング からは離れてしまうのですが、
過去ブログの引っ越しを纏めて行ってしまいます。

浴室の1回目です。

---  ↓ 2017/02/09_23:24 投稿分 ↓ ---

浴室編です。

普段はシャワー派、冬場に数える程度湯船に浸かる生活をしています。
(正確には、朝入っているからシャワーしか余裕がありません です・・・)

浴室に窓があればよいのですが無いため、一人暮らしを始めた当初からのマイルールで、風呂上りは30分間浴室換気扇を回しています。
換気扇のタイマーが止まった時に家に居れば、浴室に通じるドアを開け放って空気の流れをよくしておく というのは、自己流ですが気を付けている点です。

帰宅時間が遅くなることが多いため、掃除は週末に1回。
毎回、浴室から出るときにシャワーで壁や床を流してから上がっています。

その効果あってか、排水溝付近には黒カビがみられるのですが、床や床と壁とのコーキングにはカビは生えずに何とか保っています。
元々物を持ち込む場所でもないため、浴室は比較的家の中でキレイな方だと、自分では思っています。

本日現在の写真を撮りましたので載せます。
今日は外がとても寒く、明日朝シャワーはとてもじゃないですけど寒くてムリだと思いますので、湯船に入ろうと思っています。
先ほど、湯船だけは掃除しておきました。

<2017年2月9日>

20170209_120170209_2

ファミリー向けマンションのため、風呂場の大きさは小さい家族向けサイズになっています。

浴室は週次で掃除が出来ていて、まだキレイめには保てていると思うため、一旦現状記録までに。
優先順位は下げて取り組む予定です。
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

自己紹介
OheyaOtomeと申します。

汚部屋の中で汚女(オトメ)とし
て生活すること〇年、人生迄
もどん底に陥ってしまいまし
た。                      
ずっしりと重たい自分自身を
引っ張り上げる為に、ブログ
を書きながら行動してみます。                  


にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村

メッセージ

名前
メール
本文