汚部屋住まいの汚女脱却記

1人と相棒1〇で生活中。汚部屋&汚女&どん底な人生から這い上がることを目標に。

 ┣ 寝室&クローゼット

【脱 汚部屋Part1】寝室&クローゼット_9

こんにちは。

寝室&クローゼットの9回目です。

3回目でタスク出ししたものも、随分と片付いてきました。

今回は、窓とカーテンに着手し始めました。

6.窓&カーテン
いつも通り、作業前の状態です。
20181121_1

こうやってパッと見ると、一見 きれいじゃないか と思うかもしれないのですが、
汚である部屋に住んでいるという前提上そうではないのです。

毎年年末に窓拭きと網戸洗いを行っていたのですが、2018年年末は実施しておらず。
そして、2017年年末については思い出せないのです。
という事は、今11月、確実に2年間は窓ふきも網戸洗い(洗う事が前提なので拭くことはしていないです)
をしていない状態です。
また、窓ふき・網戸洗いとセットになっているカーテンの洗濯も、実施していないのです。

他の箇所同様ですが、実はカーテンもお恥ずかしい状態になっています。
20181121_2
このマンションに引っ越した当初、以前の部屋と窓のサイズが違うし欲しいものが決まったら
買えばいいから間に合わせでしのごうと、以前から使用していたカーテンを縫ってかけていました。
既に今の部屋に住み始めての年数で、段々縫い目もほころびてきて、まるで穴空きの様な状態に。
毎日開け閉めをしているから気にはなるのですが、それを縫う事すらする気力が持てずに、
今のカーテンを当たり前の状態として使い続けていました。

窓ガラスや網戸は、小さい写真ながら、外の風景との間に汚れが見えて、網戸の色も黒っぽいのが
わかります。
また、窓枠も砂埃が目に見えて積もっています。
20181121_3

窓のさんはどうなっているかというと、毎週掃除機を軽くかける程度なのできちんととれておらず、
綿埃が積もっています。
20181121_4

今回は作業が出来る時間の都合、カテゴリ分けの通りの順番(網戸洗い)から始める事が出来ず、
時間内に出来るところから開始しました。

6-3.カーテン洗濯とカーテンレール拭き
薄手のレースのカーテンから取り掛かりました。

厚手のカーテンはツギハギなのですが、レースは窓サイズに合わせて引っ越し時に買ったので
当初は新品で真っ白でした。
記憶にある限り、刺繍してある糸の色とカーテンの色に差は無かったのですが、
今となってはかなり色の差が出てしまって汚れています。
20181121_5

レースはウォッシャブルと把握しているので、洗濯ネットに1枚ずつ入れて洗濯機で洗いました。
20181121_6

洗濯の頻度が少なく汚れているため、
 洗濯洗剤でお湯洗い脱水 → 粉末酸素系漂白剤のみでお湯洗い脱水
を行った結果がこちらです。

洗面所の白い扉と比べて、やはり刺繍糸は白いけれども、地の部分の色は見た目それほど白くは
なりませんでした。
ですが、この後カーテンレールにつるすと多少サッパリと白くなったような印象は受けました。
20181121_7

今回は作業時間が取れなかったので、内側の窓とカーテンレールを簡単に拭き、
洗濯後のレースのカーテンを下げるところで一旦作業終了にしました。
次回に作業継続です。

【脱 汚部屋Part1】寝室&クローゼット_8

こんばんは。

寝室&クローゼットの8回目です。
3回目でタスク出しした中での進捗です。

今回は本棚を進めました。

5.本棚
先ずは、作業前の状態から。
20181120_1
天井突っ張り式の本棚2本を、開閉を大きく行わない引き戸に沿って設置しています。
プライベートの本や資料用・仕事の勉強用 とで2本用意したのですが、左側の勉強用に
コミックが積んである通り、用途の区別も出来ていなければ、本の整理も出来ていない状態です。
リビングの回での写真にもありますが、本はリビング側にも積んであり本来の場所に収納出来て
いませんでした。

5-1.中身を全部出す
5-2.棚板を外して、内外水拭き
クローゼットの回同様に、本棚の中身を全て出す事から始めました。
ただし、2本の本棚両方とも一度に進めると置き場所もない為、1本ずつ進めて行きました。
20181120_2

中身を出してみて気づいたのですが、棚板で支えている段に重いものを置いていた為、
板がたわんでしまっていました。
20181120_3

この後、本棚の内外・棚板も外して水拭きをしました。

5-3.本を拭いて収納
外に出した本を水拭きし、収納しました。
この時、前段で気づいた たわみ のある段に置いていたものは下段へ、
リビングの本も集めてきて種類ごとになる様に収納していきました。
また、時計の時刻合わせをしたのに遅れが出ていた目覚ましは、
この機会に処分用の袋に入れました。
これを、本棚2つ分行った結果がこちらです。
20181120_4
コミック類は、写真には写しきれていないのですが、半分より上の上段に纏めて収納しました。
そのほかを下段へ。

リビングに置いていた本も集めてきましたので物量的には増えているのですが、
キチンと並べて収納することでスッキリとした見た目になりました。
一部、本の収まりが悪い箇所があるので、それについてはまた対策を改めて取る予定です。

本棚や本を拭くこと自体は黙々とできたのですが、 種類ごと・順序性ごとに順番を考えて再収納する
事が結構大変でした。
本棚1本目を終えた段階で既に夕方暗くなり、気持ち的には翌日に回そうかと思ったのですが、
思い切って行動すれば終わらせられる事なので頑張って両方とも終わらせました。
実際相当疲れたのですが、ここで頑張って作業を進める事で、またタスクをこなす事が出来たことは
よかったです。

リビング側の机の本が置いてあったところは、埃で色が変わっていました。
20181120_5

リビングで本が置いてあった机の上、床の上のスペースも空ける事ができ、
少しですがリビングの片付けも進める事が出来ました。

また作業が片付きましたので、タスク出しの回を更新しました。

【脱 汚部屋Part1】寝室&クローゼット_7

こんにちは。

寝室&クローゼットの7回目です。
3回目でタスク出しした中での進捗です。

2.エアコン
2-3.リモコンを使えるようにする


昨日、エアコンの掃除自体は一応完了していたのですが、
このタスクの通り、寝室のエアコンはリモコンが使えなくなっていました。
秋口の蒸し暑い日にクーラー入れようと暫くぶりにボタンを押すと、
全くの無反応で使えなくなってしまったのです。
状況から修理の方法と、汎用リモコンについても調べていたのですが、
そのまま放置してしまっていました。
この機会に修理をしてみてダメだったらまた考えよう と思い、タスクに入れました。

まずは、作業前から。
20181117_1

電池を抜いた状態で、電池接触部分のサビと劣化が酷いために
電池を入れても接触不良状態なのではと見ました。
で、ネットで検索すると、同様の方が修理をされているの方法を発見。
使うのは、精密ドライバーのマイナスです。
20181117_2

先の細い、サビ等をこそげ落とせる様な金属のものであれば代用可能だとは思います。
これで、サビ部分を地道にカリカリと削って落としていくのです。

一通り落とし終わった残骸がこちらです。
20181117_3
サビもありますが、電池の液漏れの固まったものもあると思いますので、
吸い込むと相当体に良くないものです。
飛び散らない様にティッシュを丸めて捨てました。

作業後がこちらです。
20181117_4
茶色と白色の付着が随分と取れて、ウェットティッシュでも拭いたので全体的にキレイに
見えます。

電池を入れてみると、モニターに文字が表示されました。
20181117_6

この後、昨日の掃除後不安だったエアコンも起動してみましたが、
風も出たので、羽は欠落していますが、使用上は問題無さそうでした。
エアコン自体既に年代ものではありますが、買い替えはキビシイのでこれからも
暫く活躍してもらう予定です。
エアコンは、これでタスク完了になります。

4.壁
4-1.水拭き

続いて、壁紙の水拭きを行いました。
20181117_8

壁紙自体がビニールクロスなので、固く絞った雑巾であれば水拭きが出来ます。
新しい雑巾を出してきて作業をしました。
20181117_9

壁紙をずっと拭いていなかったので相当汚れているかと想像しましたがそうでもなく、
カラーボックスとベッドを動かして裏の掃除機かけもしながらでしたが、
1時間程で終える事が出来ました。
クローゼットと違い、物を出したり棚を外したりの様な作業が無い分、作業的には楽でした。

エアコンの室外機へ繋がるホースと換気口の付近が結構汚れていて一旦配管カバーを壁に養生テープで
仮押さえしたこと、カーテンボックスはカーテンの洗濯時に作業しようと今回は手を付けなかったこと
以外は終える事が出来ました。
壁も、これでpart1はよしとして換気口の対策は部材の都合でpart2か、part1の最後に纏めて
対策しようと考えています。

面積や作業量の多いところは敬遠したい気持ちになるのですが、この部屋以外にも part1 が
終わらないと次の段階に進めないので、兎に角手を付け始めて進めないとという感じです。

今回でも少し片付きましたので、3回目のタスクを最新へ更新しました。

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

自己紹介
OheyaOtomeと申します。

汚部屋の中で汚女(オトメ)とし
て生活すること〇年、人生迄
もどん底に陥ってしまいまし
た。                      
ずっしりと重たい自分自身を
引っ張り上げる為に、ブログ
を書きながら行動してみます。                  


にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村

メッセージ

名前
メール
本文